お知らせ

第23回大阪歯科大学公開講座(枚方講座)を開催しました!

2016/03/02公開講座

  • 開会のご挨拶 川添堯彬 理事長・学長

 

今年度で23回目となる大阪歯科大学公開講座(枚方講座)、メインテーマ「近未来の歯科治療 デジタルデンティストリーが、2月20日、27日(ともに土曜)の2日間、楠葉学舎講堂において開催されました。

 

2月20日は、歯科審美学室の末瀬一彦教授が、「デジタル化によって変わる歯科治療 -快適な歯科治療と安全な装置の提供を目指して-」と題し、デジタル技術は歯科医療の現場でも驚く速さで進化しており、患者さんにより安全・安心な治療を提供できることや、一般的な歯科治療、インプラントや修復物の製作などに利用されているCAD/CAMシステムなど、最新のデジタル歯科治療について丁寧に解説しました。 

 

27日は、「デジタル化によって変わるエックス線診断と安全性・利便性」という難しいテーマでしたが、歯科放射線学講座の四井資隆講師が、「デジタル」とはなにか、また最新の歯科用撮影装置を用いた画像診断について、ユーモアを交えながら、非常にわかりやすくお話ししました。

 

ご参加いただいた皆様からは、知識の幅が広がった、講演を聴き安心して歯の治療に行ける、毎年参加できることを楽しみにしているなど、主催者にとって喜ばしいご感想をいただいており、大変有意義な講演会となりました。