お知らせ

第24回大阪歯科大学公開講座(天満橋講座)を開催しました。

2016/09/15公開講座

今年度で24回目となる大阪歯科大学公開講座(天満橋講座)、メインテーマ「めざそう健康長寿:QOL向上に直結する口腔ケア」が、9月3日、10日(ともに土曜)の2日間、大阪歯科大学創立100周年記念館 大講義室において開催されました。

 

9月3日は、わかくさ竜間リハビリテーション病院 歯科・リハビリテーション科 診療部長の糸田昌隆先生をお招きし、「元気になる口腔ケアのすすめ ~健口から健康生活へ~」をテーマに、先生はご自身の医療現場での経験を踏まえ、虚弱化予防のための「機能的口腔ケア」のポイントについてお話しし、皆様には全身の健康を守るためにはお口の健康がいかに大切かということを学んでいただきました。最後に受講者の方からの質問にも丁寧にお答えいただきました。

 

9月10日は、本学副学長でもある高齢者歯科学講座教授の小正裕先生が、「口腔ケアが肺炎予防に!!」と題して講演を行いました。長寿社会である日本にとって肺炎は深刻な疾患であり、誤嚥性肺炎と摂食嚥下障害、その予防法について解説し、超高齢社会においてQOLの維持・向上を目指す医療、患者さんの生活全体を視野に入れた「治し、支える」医療の提供が如何に重要かをお話しされました。

 

受講者の皆様からは、「口腔ケアの大切さがよくわかりました。」、「わかりやすく、日常生活に大変参考になりました。」など、主催者にとって大変喜ばしいご感想をいただきました。今後もより一層の内容の充実に取り組んで参ります。

 

 

  • 9/3 ご挨拶 川添堯彬 理事長・学長