お知らせ

2年連続「私立大学等改革総合支援事業」に選定されました

2017/03/13NEWS

このたび、本学は平成28年度「私立大学等改革総合支援事業」(文部科学省)の支援対象校に選定されました。

この事業は、教育の質的転換、地域発展、産業界・他大学等との連携、グローバル化などの改革に全学的・組織的に取り組む私立大学等に対する支援を強化することを目的に実施されるもので、平成25年度に創設されています。本学は昨年度から本事業のタイプ1「教育の質的転換」を継続して申請し、このほど2年連続で採択を頂きました。(タイプ1は申請校数678校、選定校数362校、選定率53%。)

 

本学が選定されたタイプ1は、全学的な体制での教育の質的転換(学生の主体的な学修の充実等)や、高大接続改革に積極的に取り組む大学等を支援することになっています。アドミッションセンターの設置による組織改善、一定の語学力を有する受験生の外国語(英語)試験の受験免除、入試会場や入試検定料支払い方法の追加、大阪聖母女学院中学校・高等学校との教育の連携協力協定締結など、本学は28年度も様々に入試改革を実行してまいりました。

 

今回の採択を新たな力として、大阪歯科大学は今後とも教育の質の改善・改革に全学をあげて取り組んでまいります。