お知らせ

セレッソ大阪スポーツクラブと連携研究協定を締結!!

2016/02/26プレスリリース

 大阪歯科大学は、スポーツと歯科学の関係性を具体的なデータに基づき研究し、口腔環境の整備を通じて世界基準のトップアスリートを育てることを目指すため、一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブと連携研究協定を締結しました。

 

日時:2016年2月26日(金)午前10時〜午前11時
場所:セレッソ大阪舞洲クラブハウス 会議室
主な出席者:
一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ 代表理事 宮本 功様
大阪サッカークラブ株式会社 代表取締役社長 玉田 稔様

大阪歯科大学 理事長・学長 川添 堯彬
大阪歯科大学 附属病院 病院長 覚道 健治
大阪歯科大学 歯科保存学講座 主任教授 山本 一世
大阪歯科大学 歯科保存学講座 准教授 吉川 一志

 

協定名:セレッソ大阪アカデミーと大阪歯科大学の連携研究協定

 

協定の内容(相互協力の主な内容)
 2020年東京でのオリンピックを控え、人々のスポーツに対する関心は高まりつつあり、歯科からの対応もさまざまな形でなされている。今回、一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブと大阪歯科大学と共同で、口腔環境とフィジカルパフォーマンスとの関連を明らかにすることを目的としている。

 

1.歯科医学・医療に基づくサッカー選手の育成に関する共同研究および事業
2.歯科医学・医療によるサッカー界への貢献
3.本共同研究の活動における相互の指導者、講師等の交流
4.サッカー全般に関する情報の収集および交換
5.その他サッカーの振興をはじめとする地域の活性化に寄与する事項の推進

 

宮本代表理事ご挨拶

宮本代表理事ご挨拶

川添学長ご挨拶

川添学長ご挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 協定締結につき、一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブの代表理事を務める宮本氏は「サッカー、勉強、食事という育成テーマに、あらたに『歯』をプラスし、日本だけでなく、世界を代表するような選手たちを育てていきたい」とコメント。
 また、本学の川添 堯彬理事長・学長は「口腔の状態がスポーツへどのような影響を与えているかを科学的なデータを蓄積して分析することで、競技成績の向上や健康増進、スポーツ歯科医学のさらなる発展に寄与したい」と話し、固く握手を交わしました。

 

川添学長と宮本代表理事が握手を交わす

川添学長と宮本代表理事が握手を交わす

両機関からの参加者

両機関からの参加者

調印後、フラッグ前でも親交を深める

調印後、フラッグ前でも親交を深める

今回締結された調印書

今回締結された調印書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の協定にもとづき、一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブに所属する選手の口腔内の状態を口腔内検診や咬合能力などで把握し、セレッソ大阪スポーツクラブの記録している各選手のフィジカルパフォーマンスと照らし合わせることで、口腔の状態とスポーツパフォーマンスの関連が明らかになれば、トップアスリートの競技成績の向上やスポーツを愛好する市民の口腔の健康に寄与することが期待されます。
 また、スポーツと歯科学の関係性を具体的なデータに基づき研究し、プレー中のパフォーマンス向上を目指し、世界基準のトップアスリートを育てることも目標に掲げています。