CLOSE

大阪歯科大学

医療保健学研究科長 小正 裕

 歯科医療は、歯から口腔全体へ治療範囲を拡大し、口腔と全身との関わりの認識、治療技術の進歩などから多様化が進んでいます。これに伴って、歯科医療を支える歯科衛生士や歯科技工士に求められる知識や技能も増加、かつ高度化しています。加えて、歯科口腔保健法の制定により、国及び地方公共団体は、口腔の健康に関する実態の定期的な調査、口腔の状態が全身の健康に及ぼす影響に関する研究、歯科疾患に係るより効果的な予防、医療に関する研究その他の口腔の健康に関する調査及び研究の推進並びにその成果の活用の促進のために必要な施策を講ずるものとするとされ、歯科疾患と全身疾患との関係を国民へ認知しなさいと書かれています。従って、歯科医療を支える医療職としての歯科衛生士と歯科技工士の役割は拡大し、高度な知識と技能を持つ研究者や教育者の育成が急務といえます。しかし、歯科医師による研究専門家、教育者は多数存在しますが歯科衛生士、歯科技工士には少なく、大学のような職種・職場が極めて少ないのが現状です。
 すなわち、私達は、歯科衛生士若しくは歯科技工士の資格を持ち、本学大学院課程の履修に必要な学力を持つ者、医療保健学への学術的探求心と発展に貢献する意欲を持つ者、基本的な情報処理ができる者、自ら問題を発見し解決する力を備えている者及び高い倫理観とコミュニケーション能力を備えている者の育成を目指したいと考えています。このような人材の育成は、大学院修士課程時の経験を生かした実践的な学生教育や研究に大いに貢献するとともに、社会においては、就業している経験の少ない歯科衛生士や歯科技工士の優れた指導者を育成することに繋がると考えられます。
 以上のような経緯から、本学は大阪歯科大学大学院医療保健学研究科口腔科学専攻(修士課程)を設置することとしました。歯科衛生士や歯科技工士の資格を有する高い専門的な知識と技能を持った教員や研究者、とくに今後増加が見込まれるであろう大学教員となる人材を大学院教育によって養成する必要が高いといえます。本学の専任教員には、歯科医師、医師、歯科衛生士、歯科技工士及び社会福祉士と歯科医学や福祉に関連する他職種の教員がおり、歯学部歯学科、医学部、工学部、工芸学部、情報学部、経営情報学部、教育学部、法学部、人間社会学部など研究分野も多彩です。したがって、歯科医学だけではなく広い視野で教育・研究ができる教員構成です。
 これらの多彩なスタッフと共に人の健康に寄与する研究・開発ができます。口腔保健に関する先進の高度な専門的知識と技能を持ち、医療保健学に関する広い見識を持つこと、また将来的には国際的視野を持つ医療人として活躍できる人材を育てることが私たちの最終目標です。
 従来の概念を超えた新たな歯科衛生士と歯科技工士の育成を目指します。