歯学研究科について

大阪歯科大学大学院歯学研究科は、未来の歯科医学を担う教育・研究指導者を育てるとともに、科学する能力をもった臨床家を育てる使命をもって、昭和36年4月に開設されました。大学建学の精神である「博愛・公益」を根幹に、人間を中心とした歯科医学・医療の創造と発展を目指す研究者の育成に努めてきました。

現在は、歯科基礎系9専攻科と歯科臨床系13専攻科の2つに分け、専攻主科目の指導教授のもと、各大学院生に指導教員を置き、教育指導及び研究指導を補助する体制を整えています。大学や附属病院と連携し、充実した研究設備を使用して、専攻分野について自立した研究活動を行うことができます。

幅広い視野を養うために、海外研究発表に対する助成や大学院修了後に海外の大学等に留学した研究者を本学の教員として特別に採用する制度も用意されています。また、国内外の著名な講師を招聘して特別講演会を開き、新しい分野の知識の吸収に努めるほか、大学院生をティーチング・アシスタントとして積極的に採用し、教育者になるためのトレーニングを積むなどの支援も行っています。

目的および使命

大阪歯科大学大学院は、歯学に関する学術の理論および応用を教授研究し、
その深奥を究めて学術進展に寄与するとともに、専攻分野に関して高度の研究指導能力を養成することを目的とする。

アドミッション・ポリシー

建学の精神である「博愛と公益」の精神を享受し、次世代の研究者・教育者としての基礎知識を有し、
歯科医学の知のフロンティアを自ら率先して開拓する強い意欲を有する人を求める。

  • 口腔科学に探究心をもつ人。
  • 高い倫理観とコミュニケーション能力を備えている人。
  • 幅広い視野をもち、創造性とチャレンジ精神に富む人。
  • 自ら問題を発見し、解決する力を備えている人。
  • グローバルな視野と語学力を身に付け、国際貢献を目指す人。

カリキュラム・ポリシー

歯科研究の目的である口腔科学の進歩に貢献し得る研究者を養成するために、
各専攻科で履修する講義、実習及び学位論文の作成に関する充実したカリキュラムを策定している。
主科目に関しては研究成果に基づき評価し、有為な人材育成を図っている。

  • 生命科学の基盤の上に歯学並びに関連諸分野に関する深い洞察力と專門的知識の修得に加えて、課題探求能力を備えた研究者並びに高度な知識と技術を有する専門職業人養成のための教育を行う。
  • 自立して研究を行うために必要な英語、研究倫理、研究手法などの実践的教育を行う。
  • 先進的な口腔科学に関する研究を遂行できる能力を確立する。
  • 全身との関わりの下で口腔科学研究を遂行できる医療人を育成する。
  • 高い教養と学際的視点を涵養し、国際社会に貢献できる研究能力を獲得する。

ディプロマ・ポリシー

歯学研究科に必要な年限在学して所定の単位を修得し、
学位論文の審査及び最終試験に合格した次の者に博士(歯学)の学位を授与する。

  • 口腔科学研究を担う高度の専門知識と技術を修得して発展できる。
  • 口腔科学に根ざした高度の医療技術を修得して応用できる。
  • 研究者あるいは医療人として高い教養を身に付けて展開できる。
  • 国際社会で医療人として貢献できる。