研究科長あいさつ

豊富な知識と教養を培い、卓越した研究を育む23の大学院歯学研究科専攻分野

大学院歯学研究科は、歯学に関する学術の理論および応用を教授研究し、その深奥を究めて学術進展に寄与するとともに、高度の研究指導能力をもち、グローバルに活躍・貢献できる研究者を養成することを目的としています。

水準の高いかつオリジナリティのある研究、さらに学際的な研究を進めていくためには、幅広い視野をもち高度な専門知識、卓越した洞察力が要求されます。専門分野はもとより、異分野についても豊富な知識を吸収することが重要です。

大学院歯学研究科には23の専攻科を設けて、それぞれ多種多様な研究テーマを掲げて大学院講義を行い、ソフト面での充実を図るとともにハード面では平成9年4月に完成した楠葉学舎に世界に通じる研究成果が発信できるように最新の設備を導入した中央歯学研究所を設置し、大学院生の希望に応えられる研究環境・研究システムを整えています。

超高齢社会に突入したわが国では、長寿健康を支えるために口腔機能の役割が重要であることが認識され、歯科医療への期待が高まっています。歯学研究科では総力をあげて、口腔疾患と全身疾患との関わりや、口腔機能の育成、維持、回復のための基礎ならびに臨床研究を続け、その成果を広く世界に発信しています。


大学院歯学研究科科長 西川 泰央