国際交流プログラム

世界の歯科大生と出会い、海外の歯科医療を肌で感じる
実際に触れることでしか得られない、貴重な学びと視野の広がり

学生短期海外研修

 毎年、海外の交流協定校と相互に、学生の短期海外研修を行っています。
 特別講義の受講や、実際の臨床現場の見学、一般開業医を訪問するなど、各国の生の歯科医療事情や研究体制などを肌で感じることのできるさまざまなプログラムを用意しています。研修時間外にはウェルカムパーティーや観光など、その国の文化に触れ、学生同士の交流が育まれるイベントもあり、これからの歯科医療人にとって必要な国際感覚や語学力も身につきます。

研究者の受入、学術交流

 本学の教員が各国の研究者とのつながりを深め、本学での研究・臨床を充実、さらなる研究の向上を図るために、定期的に海外協定校への訪問や研究者の受け入れています。中国の協定校5大学とは33年間、毎年研究テーマを設定しての共同研究を実施しています。米国コロンビア大学、英国キングスカレッジロンドン大学から先生をお招きしての学術講演会では、学生、大学院生、附属専門学校生、臨床研修生、病院医員、卒業生なども広く聴講でき、国際力涵養の環境が整っています。

大学院留学生の受入

 現在、大学院では中国・台湾からの外国人留学生を受け入れており、博士課程習得に向けて頑張っています。
 また、中国への短期海外研修へ赴く本学学生への中国語の勉強会を行ったり、中国・台湾の学生受入時の補佐役として日本と中国・台湾の架け橋となるよう、大学に貢献しています。