特長

専門的な『知識・技術』、総合的な『人間力・チームワーク』
自ら考え、常に学び続けるという姿勢
自立した歯科医師として必要なすべてを修得する

1.新カリキュラム導入

基礎から専門まで6年間一貫した系統講義と、理解を深める統合講義で、歯科医学を網羅的に吸収します。

 カリキュラム全体を縦の脈絡で学ぶ『系統講義』を主軸に、系統の横のつながりを学び理解を深める『統合講義』を学年ごとに行い、歯科医学全体を網羅的に学ぶことのできる新カリキュラムを導入しています。6年間という限られた時間の中で、効率よく知識や技能を理解・吸収し、歯科医学の真髄に触れ、より深い学びへとつなげていきます。系統ごとに科目名を明確にしているので、日々の学習においても、学問の脈絡をたどりやすく、また疑問点が生じた際にも、どの講座を受講すべきか容易に選択でき、『自ら学ぶ』という姿勢を身につけることにもつながっていきます。

2.アーリーエクスポージャー
(早期臨床体験学習)

これから始まる歯科医師への道の第一歩として、実際の医療現場を肌で感じ、座学では学びきれないさまざまな気づきと、医療人としてのスピリットを刻みます。

 入学後のまもない時期に、附属病院で実際の医療現場を体験します。
専門的な知識を学ぶ前のまっさらな状態で、患者さんの診察や治療を間近で見聞きし、早いうちに歯科医師となる使命感に目覚め、これから始まる専門教育への関心と吸収力を育みます。
 歯科に関する専門的な知識は持っていなくても、まず、患者さんの立場になり、患者さんやご家族の訴えをよく聞き、その不安や心身の痛みを十分に理解して、患者さんやご家族に安らぎと自立をもたらすための行為を修得します。

3.チェアーサイド教育システム
(臨床実習)

医療実習を通じて患者さんと向き合い、歯科医師としての自覚を養います。経験豊富な指導医がすぐそばで指導にあたり、実践的な技能を磨きます。

 本学附属病院が臨床の場で何よりも大切にしているのは『患者さんとの対話』です。実習に際しても、人として患者さんに接し、同じ高さの目線を持って治療に臨む、という姿勢を身につける教育を行っています。経験豊富な指導医が実習生のすぐそばにいて、きめ細かく、実践的な指導を行い、診査、診断、治療計画にいたる情報収集と基本的歯科診療技術の訓練を行います。

4.国家試験対策

傾向を分析し、理解・反復・記憶の3ステップで効率的な学習をサポート。試験日までの集中力とモチベーションを保つ体制を大学全体で作りあげています。

 学生一人ひとりの得意・不得意分野に合わせてクラス編成を行い、国試合格水準をクリアする学力を強化していきます。朝の小テストや時期に合わせて模擬テストを組み込み、本番へ集中力を高めていきます。また、スペシャリストによる特別講義や面談を行い、不安や疑問を解消し、モチベーションを持続できるようサポートしています。