口腔工学科において育成する人材

-歯科技工の匠の技と先進のテクノロジーを融合-

歯科技工士は、これまで自身の持つ精緻な技術によって歯科治療に用いられるさまざまな装置を製作し、患者さんの幸せな生活を支え、健康の保持増進に寄与してきました。近年この精緻な技術にデジタル工学、機械工学、材料工学といった多くの分野の科学技術が応用され、歯科技工は新たな時代を迎えています。歯科技工から口腔工学への大きな転換期の今、歯学、理工学、医学といった学問分野を超えて総合的に歯科医療を見つめ、歯科医療技術の発展に寄与できる人材を育てます。

さまざまなフィールドで活躍できます!

学び

口腔工学科では、「臨床現場で求められるだけでなく、広く社会で歯科医療の発展に貢献できる医療人」を目指すための、 多彩で充実したカリキュラム構成になっています。

口腔工学科 4年間のカリキュラム

■印は講義、●印は演習・実習

シラバス

2017年度 第1学年の内容は▶こちら

卒業要件

必修科目と選択必修科目を含めて合計125単位の取得と、第4学年に実施する学士試験の合格を以て卒業要件とする。

口腔工学科では以下のコースも設け、より社会で求められる医療人を目指すことができます。
「社会福祉士コース」:社会福祉に関する相談などを行う社会福祉士を目指すコース
「医療事務コース」:医療機関での患者との応対、カルテ管理、医療費の計算や請求業務に関する知識などについて学ぶコース

資格・進路

資格

卒業時には、歯科技工士国家試験の受験資格を得ることができます。また、社会福祉士コースを選択して必要な科目を履修すると、社会福祉士国家試験の受験資格が得られます。

※医療事務コースを選択すると医療事務の資格取得に向けて学習することも可能です。

想定される進路

歯科技工所
歯科医院や病院の歯科医師が作成した指示書をもとに、入れ歯、さし歯、矯正装置といった歯科治療用装置の製作や修理のほか、手術や障害などで低下した口腔機能を改善するための補助装置、睡眠時無呼吸症候群の治療に用いるマウスピース、口のケガ予防に用いるマウスガードなどを製作するところです。技工所に勤務する人もいますが、独立して歯科技工所を開く人もいます。また日本の歯科技工の技術の高さを活かし、海外で活躍する人もいます。
医療機関
歯科医院や総合病院などに勤務し、歯科医師の指示のもとで外来患者や入院患者の入れ歯や差し歯の製作や、手術や障害などで低下した口腔機能を改善するための補助装置の製作や修理などを行います。
歯科関連企業など
一般企業
歯科関連企業やその他一般企業で、商品やシステムの開発、研究などのほか、商品の販売促進や技術講習会などの開催などに携わります。
教育機関
大学や短期大学、専門学校などで教員となり、未来の歯科技工士を養成するほか、歯科技工士を対象にした研修会やセミナーなどを行うこともあります。
進学
医療系や理工系の大学院などに進学し、歯科材料や器具、金属に関する研究や、技工物製作に用いる新たなシステムの構築など、歯学、医学と理工学を融合した視点でさまざまな問題に取り組んでいくこともできます。
キャリア支援室
キャリア支援室では、2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)である教員をはじめ全教員が、キャリア相談、キャリア関連セミナー・ガイダンスの開催、就職支援など、学生のみなさんのキャリア形成を全面的にサポートします。

︎社会で活躍する歯科技工士

山地 里咲
平成27年3月
大阪歯科大学歯科技工士専門学校
歯科技工士専攻科卒業

平成27年4月
株式会社モリタ勤務
Q1.株式会社モリタへの入社を決めた理由は?

私は、在学中にCAD/CAM(キャド/キャム)という技術について学びました。私の個性を活かしながら、CAD/CAMの技術をより広め、歯科医療業界をトータルサポートしている株式会社モリタに魅力を感じ、入社を決めました。
*歯科用CAD/CAMシステム:口腔内もしくは模型を三次元計測してデータ化し、目的の装置を設計、加工するシステム

Q2.どんな仕事をしているの?

基本的には営業を行っています。 私はマーケティング部に所属し、歯科用CAD/CAMシステムという機械の販売を行っています。私が販売している歯科用CAD/CAMは、従来であれば患者さんの口腔内に直接寒天やシリコーンゴムなどの材料を使用して歯型を取っていたものから、専用小型カメラ(口腔内用スキャナー)を口腔内に入れ患者さんの口腔内の様子を撮影し、得られたデータを用いてコンピューター上で口腔内に合った修復物を設計、加工する機械です。私の仕事は歯科技工の知識を活かしながら、この機械を使用する歯科技工士に操作方法などをサポートすることです。また院内技工士の方に新しい情報などの提供も行っています。 その他にも、販売促進の仕事も行っており、各地で医療従事者のためのデンタルショーなどに参加し、商品説明などをしています。