CLOSE

大阪歯科大学

オーラルエンジニアとして
伝統的な歯科技工とデジタル歯科
技工に精通し、歯科技工の
新たなステージを拓く

卒業時の学位 士〉口腔工学
目指せる資格 〈国家資格〉歯科技工士
〈国家資格〉社会福祉士
〈認定資格〉医療事務管理士

学科の特徴

01.

変化し続ける医療現場に
対応できる
思考力と
実践力が身につく
超高齢社会、チーム医療、デジタル化など、医療の最前線は常に変化しています。
口腔デジタル技工学、口腔工学病院臨床実習、口腔工学訪問実習、医療・福祉科目などを学び、思考力や応用力を身につけ、多様なニーズに対応できる力を養います。

02.

大学附属病院での臨床実習や
充実した
サポート体制で
学びたいことに
集中できる
歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士と、口腔医療のスペシャリストを育成する本学では、実習設備や学修サポート体制が万全で、学びたいことに集中できる環境が整っています。

03.

学士(口腔工学)の学位を取得。
大学卒業後は、
多様な進路選択が可能
卒業後の活躍フィールドは、歯科技工所だけに限りません。歯科医療の高度な専門知識を身につけた4年制大学卒の人材は、口腔外科を有する地域の中核病院や医療関連企業への就職、大学院進学など、多様な進路選択が可能です。

4年後のわたし

論理的思考力・問題解決能力/高度な専門知識/臨床力・実践力/コミュニケーション能力/医療人としての心と姿勢/医科歯科連携力
論理的思考力・問題解決能力
グループワークや臨床実習で修得した知識および臨床現場での経験を生かし、論理的に考え、問題の本質を見極めて、解決に努めます。
高度な専門知識・技能
技工物の製作技能に優れるだけではなく、医療と福祉に関する幅広い知識、口腔工学病院 実習や訪問実習で得た実践的能力を活かして、口腔装置と健康との関係を理解し、患者さんが抱える健康問題を解決していきます。
未来を見据えた歯科技工力
デジタル技術の進化とともに口腔装置の製作技術も大きく進歩しました。CAD/CAMをはじめとする最新技術にも精通し、社会の変化に応じて、患者さんの問題解決に必要な装置や製作技法を提案します。 また、医科歯科連携や訪問歯科診療に適応し、今後のさらなる超高齢社会への対応を考えます。
好奇心・探究心
最新のデジタル技術や、新しい歯科材料など、最先端の情報にも目を向け、それを自分の仕事にどのように活かすことができるか考えるなど、好奇心・探究心をもって仕事に臨みます。
医療人としての心と姿勢
誰もが自分らしく健康に生きられる社会のために、自らの知識・技能をさらに深め、新しい技術や発案にも力を注ぎ、歯科医療の発展に貢献し続けます。
歯科技工士国家試験合格率
・2020年度−100%(全国平均95.8%)
・2021年度−100%(全国平均94.8%)

2年連続
100%
合格

就職・進学 実績データ

就職決定率
100%

学びのポイント

国家資格の取得は、
ゴールではなくスタートです
大学ならではの学びがここにあります

専門職としての知識・技能教育だけでなく、社会で生じる多様な課題に自発的に取り組み、
自らの頭で考え、その人に最適なサポートを提供できる力を身につけるために、
学生自身が自主的に他者と協働して学習し、思考する能力を高める教育を実践しています

学びのステップ

  • 01.医療人としての姿勢と心に触れ、
    歯科医学の基礎を学ぶ

    医療人としての姿勢や心構えは4年間かけて育んでいきますが、まずはその根幹となる動機や意識づけ、専門科目のベースとなる基礎知識をしっかりと身につけます。

    \ pick up curriculum /
    医療倫理学
    情報科学Ⅰ
    早期臨床体験学習
    口腔解剖学
    歯科理工学Ⅰ/Ⅱ
    造形美術学概論
    顎・口腔機能学
    造形美術学概論
    歯科医療においては口腔機能だけでなく審美性の改善も主要な目的の一つであり、美的感覚を養成するために、造形美術の概念、対象の把握、形状と色彩およびそれらを統合した把握と表現を学習します。
    歯科理工学Ⅰ/Ⅱ
    被せ物、入れ歯など、歯科技工物の製作上で使用する材料の種類と特性を学び、それらを成形加工する方法の基本的知識や適切な加工条件の設定方法などを修得します。
  • 02.歯学の専門知識と、
    伝統的歯科技工・デジタル歯科技工

    伝統的な歯科技工と、歯科用CAD/CAMなどデジタル歯科技工の両方について学びます。
    また、歯周病学など歯学の専門知識、患者さんの年齢層や症状・目的別に必要となる知識・技術・コミュニケーションスキルを身につけていきます。

    \ pick up curriculum /
    歯学英語
    医療制度Ⅰ
    高齢者歯科学
    総歯学実習
    保存修復技工学実習
    クラウンブリッジ技工学実習Ⅰ
    局部商議歯学実習Ⅰ
    オーラルアプライアンス技工学
    スポーツ選手や睡眠障害、顎関節症などの症状がある患者さんが、予防や治療のために装着するオーラルアプライアンス(マウスピースなどの口腔内装置)を製作するために必要な知識と技術を学びます。
    口腔デジタル技工学
    口腔内スキャナーや歯科用CAD/CAM・AM技術など、デジタル技工の理論と知識を学習し、様々な材料を使用した修復物を製作する技術および、システムの応用や現状について習得します。
  • 03.医科歯科連携と病院臨床実習で
    実践力と応用力を磨く

    附属病院での臨床実習と外部の医療機関での医科歯科連携学実習で、これまでに学んだ知識・技術・コミュニケーションスキルなどを実践の場で磨き、思考力・応用力を身につけます。

    \ pick up curriculum /
    歯科技工管理学
    口腔リハビリテーション技工学
    医科歯科連携学/実習
    口腔工学病院臨床実習Ⅰ
    医学一般Ⅰ/Ⅱ
    審美歯科技工学実習
    歯科心身医学
    医科歯科連携学
    保健・医療・福祉・介護現場における歯科と医科の緊密な連携により、相互の情報を共有し、多職種の各専門的知識と対応による相乗効果によって、患者さんを中心とした質の高い医療の提供が可能となります。この授業ではチーム医療の重要性と、歯科衛生士として多職種と協働する際に必要な知識を理解し、医療従事者との連携を図るスキルを学びます。
    口腔工学病院臨床実習
    「口腔工学病院臨床実習」では、実習室ではなく、附属病院内にある中央技工室内で、現役の歯科技工士と肩を並べて技工物を製作し、より実践的な技術を身につけていきます。3年生でⅠ(8単位)、4年生でⅡ(4単位)を履修し、4年間で最も履修時間が多い科目です。基礎実習で製作してきた入れ歯やかぶせ物などを診療現場の模型に基づいて製作します。自分の得意な技術、あるいは苦手な技術を選び、自らの技量を高めます。この実習を通して、医療人になるということを肌で学びます。
  • 04.学びの統合と国家試験対策

    これまでの学修内容を整理し、学生自身が興味を持つ内容を探求してまとめる卒業研究、総論では、各科目の要点を全体として統一した観点から学習しなおして、知識と技能を確実なものとし、国家試験に臨みます。

    \ pick up curriculum /
    医療制度Ⅱ
    口腔工学訪問実習
    口腔工学病院臨床実習Ⅱ
    口腔工学総論Ⅰ/Ⅱ
    国家試験対策
    局部床義歯技工学実習Ⅲ
    局部床義歯(部分床義歯)を製作するときに必要な知識と技術を模型実習を主として学び、フレームワーク製作に必要な技工作業についてグループワークを行います。
    口腔工学訪問実習
    要介護高齢者の増加に伴い、訪問歯科診療の重要性が増しています。実際に訪問歯科診療に同行し、体験した症例を基に学生相互にディスカッションを行い、学びを深めます。

学びの環境

Kyoto

楠葉
キャンパス

牧野
キャンパス

天満橋
キャンパス

Osaka

楠葉キャンパス

楠葉キャンパス
歯学部 歯学科
歯科医師養成課程
看護学部 (仮称)※設置構想中
看護師養成課程

牧野キャンパス

牧野キャンパス
医療保健学部
口腔保健学科
歯科衛生士養成課程
口腔工学科
歯科技工士養成課程
技工実習室
技工実習室
機能的で作業しやすい歯科技工机が整備され、実習の授業では1人1台使用し、さまざまな技工物を製作します。
デジタル加工室
デジタル加工室
今後の歯科技工の大きな役割を担うCAD/CAMシステム(コンピュータを用いて設計や生産を行う技術)を備え、口腔工学科のデジタル技工実習を実施します。
セミナー室
セミナー室
グループワークやアクティブラーニング形式などの授業で使用します。可動式の机椅子は、授業形態に合わせて自由に組み変えることができます。
牧野キャンパス
医療保健学部
口腔保健学科
歯科衛生士養成課程
口腔工学科
歯科技工士養成課程
コンピュータ演習室
コンピュータ演習室
大学から1人1台貸与されるノートパソコンを使用して情報系の授業を受講する教室です。
社会福祉演習室
社会福祉演習室
主に社会福祉士コースの演習や実習指導などの授業で使います。可動式の机椅子は、アクティブラーニングなど、授業形態に合わせて自由に組み変えることができます。
学生ホール
学生ホール
自習やグループワーク、ランチタイムの休憩など、学生が自由に活動することのできるスペースです。
技工実習室
技工実習室
機能的で作業しやすい歯科技工机が整備され、実習の授業では1人1台使用し、さまざまな技工物を製作します。
デジタル加工室
デジタル加工室
今後の歯科技工の大きな役割を担うCAD/CAMシステム(コンピュータを用いて設計や生産を行う技術)を備え、口腔工学科のデジタル技工実習を実施します。
セミナー室
セミナー室
グループワークやアクティブラーニング形式などの授業で使用します。可動式の机椅子は、授業形態に合わせて自由に組み変えることができます。
コンピュータ演習室
コンピュータ演習室
大学から1人1台貸与されるノートパソコンを使用して情報系の授業を受講する教室です。
社会福祉演習室
社会福祉演習室
主に社会福祉士コースの演習や実習指導などの授業で使います。可動式の机椅子は、アクティブラーニングなど、授業形態に合わせて自由に組み変えることができます。
学生ホール
学生ホール
自習やグループワーク、ランチタイムの休憩など、学生が自由に活動することのできるスペースです。
図書館牧野分室
図書館牧野分室
医学・歯学系の専門書や学術雑誌、国家試験対策問題集など、学修に必要な資料が揃い、自習やレポート作成に集中できる環境です。 また、小説やファッション・グルメ雑誌などもあり、気分転換やプライベートの充実にもご利用いただけます。

天満橋キャンパス

大阪歯科大学附属病院

大阪歯科大学附属病院 大阪歯科大学附属病院

17の診療科

●歯科

  • ・保存修復科
  • ・歯内治療科
  • ・歯周治療科
  • ・高齢者歯科
  • ・補綴咬合治療科
  • ・口腔外科
  • ・歯科放射線科
  • ・矯正歯科
  • ・小児歯科
  • ・障がい者歯科
  • ・口腔インプラント科
  • ・歯科麻酔科・ペインクリニック
  • ・口腔診断・総合診療科
  • ・口腔リハビリテーション科
  • ・総合診療室

●医科

  • ・内科
  • ・耳鼻咽喉科
  • ・眼科

11の専門外来

●歯科

  • ・ドライマウス外来
  • ・いきさやわか(口臭)外来
  • ・白い歯外来
  • ・顎関節外来
  • ・口腔腫瘍外来
  • ・顎変形外来
  • ・唇顎口蓋裂外来
  • ・睡眠歯科センター
  • ・歯科CAD/CAMセンター

●医科

  • ・ドライアイ外来
  • ・睡眠歯科センター

施設・設備

  • ・医療保健学部 教員室
  • ・医療保健学部 講義室
  • ・デジタル加工室
  • ・中央技工室
  • ・歯科衛生士研修センター
  • ・図書館 天満橋分室
  • ・ゼミ室 / 自習室

 17の診療科と11の専門外来を有する、大学附属病院で、経験豊富な先生の指導のもと、さまざまな症例の患者さんと実際に接し、技術だけでなく、現場で必要とされるコミュニケーション方法も含めた臨床能力を磨きます。

サポート体制

入学前教育
入学後は、将来を見据えた専門教育がすぐに始まります。その前に、高校までの基礎知識を再度おさらいし、大学の専門教育をスムーズにスタートできるよう、入学前準備教育プログラムを実施します。このプログラムは、総合型選抜と学校推薦型選抜の合格者が対象です。
指導教授・助言教員
大学での学びは、自分で目標を明確にし、学習計画を立て、取り組む必要があります。指導教授・助言教員は、学生一人ひとりとコミュニケーションをとりながら、信頼関係を築き、目標達成に必要なサポートを行います。また、必要に応じて保護者の方と連携してサポートを行うこともあります。
PC貸与とオンラインサポート
在学期間中、1人1台のノートPCを貸与します。レポート作成やオンデマンド授業の受講、自習や就職活動などにご活用ください。 また、学修支援システムや授業用SNS、国家試験対策システム、就職支援システムなど、オンラインでのサポート体制を整えており、きめ細かなサポートが受けられます。
オフィスアワー
学生のみなさんからの質問や相談に応じるために、教員が研究室を開放している時間を用意しています。 授業内容に関する質問や、勉強のやり方、レポートの書き方、文献の調べ方、また、就職や進路についても、気軽に相談してください。
キャリアセンター
専属のスタッフが常駐し、業界研究や履歴書の書き方、面接練習、就職先に関する相談などのサポートが受けられます。また、定期的に開催されるキャリアセミナーでは、就活スキルや社会人マナーなどを学ぶことができます。
保健室・学生相談室
看護師が常駐し、学生のみなさんが心身ともに健全なキャンパスライフを過ごせるように、健康相談・応急手当等を行っています。また、人間関係のことや修学上の不安など、学生生活の中で生じる様々な悩みの相談に、専門の相談員(医師・臨床心理士)が対応します。
学生用総合補償制度WILL
授業時間中や大学行事(入学式・卒業式・大学祭など)への参加時、通学途中、学校施設間移動中はもちろん、在学中、毎日24時間の病気・ケガ等への対応する保険に加入しています。
奨学金・修学支援新制度