理念とポリシー

「博愛」と「公益」

教育方針

 本学の教育方針は、教育基本法の規定する教育の一般目的と方針に則り、歯学に関する学術を中心として、深く専門領野の学理と技術を教授研究し、歯科医師として必要な知識と技術、ならびに道徳的理念を授け、応用能力を涵養して調和のとれた人材の育成を目的としている。したがって、本学の学生は歯科医師たる適性の素質を持ち、本学の教育方針に沿い得るものでなければならない。歯科医師として必要な適性とは、次の三つに要約される。

  • 一、能力的な適性

    歯科医学の学理と技術を理解し応用できる知能、学力、技能

  • 一、人格的な適性

    歯科医師としての使命感、社会観、世界観、態度、意志など幅広い人間性

  • 一、身体的な適性

    歯科医師としての職務を遂行しうる体力と活動力

 以上の三つの適性はいずれに優劣があるものではなく、どれひとつとして欠かすことのできないものである。
本学では6年間の一貫教育を通じて、学生のそれぞれの個性を尊重しながら以上の適性を涵養、発展させ、人間性豊かな歯科医師を養成することを教育の目標としている。

アドミッション・ポリシー


  •  学士課程
  •  建学の精神である「博愛と公益」に基づき、教育目標に沿った人材を育成するために医療人として目的意識が高く、
     充分な基礎学力を備え、自ら考え、判断し、表現できるコミュニケーション力を有している人を受け入れる。

  • <歯学部>
     私たちは、先輩が弛まぬ努力で築いた礎を守りながら、建学の精神に基づき、新時代の歯科医療を担い、人々の口腔の健康を守る能力及び適性を充分に有する人材を求めている。

    • 歯科医学を学ぶために充分な基礎学力を有する人。
    • 医療人として社会に奉仕し貢献する使命感と気概を持つ人。
    • 科学的な探究心を持って考え、自ら努力する人。
    • コミュニケーション能力を有し、協調性のある人。
    • 専門的知識、技能、態度を修得して、国家資格の合格に向けて着実に努力する人。
    • グローバルな視野に立って歯科医学の発展と歯科医療を担う熱意のある人。
    • 歯科医師としての倫理観、世界観などを備える幅広い豊かな人間力と行動力を持っている人。

    カリキュラム・ポリシー


  • 学士課程
  •  学位授与の方針に示す高度な知識、技能、態度を修得するために各学部で履修する教育内容及び教育方法を体系的に
     学習できるように教育課程を編成し、講義、実習、演習、試験に基づいて
    知識、技能、態度を身に付けているかを評価する。

  • <歯学部>
     「博愛と公益」の精神のもと、「歯学に関する学術を中心として、深く專門領野の学理と技術を教授研究し、歯科医師として必要な知識と技術、並びに道徳的理念を授け、応用能力を涵養して調和のとれた人材の育成」という教育方針に基づき、専門的な「知識・技能」、総合的な「人間力・チームワーク」を備えた歯科医学・歯科医療を担う人材を養成する。

    ◎ 修得概要

    • 6年間一貫教育の中で歯科医師として必要な知識、技能及び態度を修得する。
    • 入学時の初年次教育及び早期臨床体験学習から、臨床実習に至る一貫した履修の中で歯科医療人として必要な態度を修得する。
    • 歯科英語の修得及び海外研修活動を通して、国際医療人としての素養を身につける。
    • 研究マインドの養成のために研究チャレンジに取り組む。
    • 学生が意欲を持って学習でき、4年次のコアカリ講義・実習、臨床実習による歯科専門教育を通して、歯科医師として自ら考え、実践する能力及び6年次の統括教育を通じて、歯科医学教育における総合的な知識を修得し、国家試験に合格する能力を身に付ける。
    • 診療参加型臨床実習を通じて歯科医師として必要な知識、技能、態度を修得する。
    • 患者さんへの思いやり及び社会的責任を果たすことができる倫理観を修得する。

    ◎ 教育方法

    • シラバスに沿った講義と実習。
    • 知識及び技能の獲得のために開発した教材の利用。
    • アクティブラーニングのためのグループ学習。
    • 学習支援のための小グループ講義。
    • 社会と患者との関わりを認識するための体験学習及び臨床実習。

    ◎ 学習成果の評価

    • シラバスに示す各科目試験及び総括試験。
    • 臨床実習前に行う歯学系共用試験。
    • 臨床実習時の臨床知識試験、臨床実習及び臨床実習終了時試験。
    • 臨床実習終了後の学士試験。

    以上の各試験によって評価し、進級及び卒業の判定を行う。

    ディプロマ・ポリシー


  • 学士課程
  •  大阪歯科大学の教育目標に沿って各学部において所定の期間在学し、所定の科目、所定の演習及び実習を履修し、
     すべての試験に合格し、所定の単位を修得した者に学位を授与する。

  •  <歯学部>
    豊かな人間性を支える基盤的能力及び歯科医師としての専門的能力を有機的に備え、新時代の歯科医療に積極的に対応できる人材を輩出する。

    • 基礎医学及び歯科医学の体系的な知識を有し、これを礎として実社会に還元できる能力を身に付けている。
    • 種々の情報を自ら収集・分析する科学的探究心を涵養し、自ら問題を発見し、解決できる能力を有している。
    • 汎用能力及び危機管理能力を持ち、絶えず研鑽を積む習慣を持っている。
    • 海外研修などを通じて、国際人としての素養を磨きグローバルに活躍できる実力を身に付けている。
    • 歯科医療を適切かつ確実に行う技能を身に付けている。
    • 新時代の歯科医療に積極的に取り組み、患者中心の医療並びに人々の求める歯科医療を理解し、
      チーム医療を主体的に実践できる能力を身に付けている。
    • 価値観の多様性に対応できる幅広い視野と判断力を身に付けている。