大阪歯科大学附属病院

眼科について

白内障、緑内障、ドライアイ、黄斑変性症、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症等による眼底出血など、眼科領域の疾患を幅広く診ています。白内障や眼底疾患の入院手術や、網膜疾患に対する硝子体内注射、加齢黄斑変性症に対する光線力学的療法、レーザー治療も行っています。

主な対象疾患

  •  白内障
  •  緑内障
  •  ドライアイ
  •  黄斑変性
  •  糖尿病網膜症
  •  眼底出血
  •  網膜剥離

科長紹介

岸本 直子

キシモト ナオコ

科長メッセージ

臨床経験が豊富な眼科専門医が、患者様一人一人に丁寧に説明し、安心して治療を受けていただけるように心がけています。視能訓練士や看護師も、日々勉強し、ご高齢の患者様にもわかりやすく満足していただけるようにサポートしています。当科だけで治療が困難な場合は、関連病院と連携して治療しています。 

専門・資格

・日本眼科学会専門医
・眼科PDT認定医
・視覚障害者用補正具適合判定認定医 

診療の特色

午前の外来では、適切な検査と治療を行い、患者様に優しい丁寧な診療を心がけています。午後は、白内障手術や眼底疾患の硝子体手術など、主に入院手術を行っています。歯科大学病院の特殊性として、当院にはドライマウスの患者様が多く訪れます。ドライアイは、ドライマウスの原因と一部相関しており、眼科では多くのドライアイの患者様の治療を行っています。加齢黄斑変性などの黄斑疾患や、網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症に対して、レーザー治療に加え、硝子体内注射や光線力学的療法などの専門的な治療も行っています。

眼科手術

初診担当医情報

初診担当医表(PDF)

お問い合わせ

連絡先 06-6910-1081
場所 本館6階