大阪歯科大学附属病院

補綴咬合治療科について

補綴咬合治療科では、大きなむし歯などによって根管治療を終えた歯に対して、被せもの(クラウン、冠)などの治療を行います。また、歯の喪失に対してブリッジや入れ歯を作製し、かみ合わせ(咬合)を回復します。お口の中を総合的に診査診断し、それぞれに合った補綴方法をご提案します。


  • 学会施設認定
    ・日本補綴歯科学会認定研修機関(甲)
    ・日本顎関節学会専門医研修施設
    ・日本スポーツ歯科医学会認定MG研修施設
    ・日本口腔リハビリテーション学会認定研修施設

主な対象疾患

  • むし歯
  • 歯の欠損
  • かみ合わせの不調
  • 顎関節症
  • 金属アレルギー

科長紹介

かみ合わせ専門

田中 昌博

タナカ マサヒロ

科長メッセージ

補綴(ほてつ)咬合治療科では、かぶせ物や入れ歯などによって、失われた歯の形態や咬み合わせ、あるいは口元の自然な美しさの改善、回復を目的とした治療を行っています。食事においては、歯および顎が十分に機能していることが大切です。しっかりと咬んで、おいしく食事をしていただきたいと考えております。 

専門・資格

・日本補綴歯科学会専門医・指導医

・日本顎関節学会専門医・指導医
・日本スポーツ歯科医学会認定医
・日本口腔リハビリテーション学会認定医・指導医
・日本口腔科学会認定医・指導医 

義歯(入れ歯)専門

岡崎 定司

オカザキ ジョウジ

科長メッセージ

1840年に米国ボルチモアに世界で最初の歯学教育機関であるボルチモア歯科医学校が設立され、それを記念した歯学博物館があります。その博物館の展示室には「現在の義歯(入れ歯)の原型は1500年初頭に日本で作られた」と記されています。先人の匠たちが作り上げた義歯に思いを馳せ、その技術を発展させ、後世に伝えていく事、また国民の皆様に広く還元していく事が私達の務めと考えています。

専門・資格

・日本補綴歯科学会指導医・専門医
・日本口腔リハビリテーション学会指導医
・日本義歯ケア学会義歯ケアマイスター
 

診療の特色

1. 大きな虫歯の治療

虫歯が大きいと、歯の根の中にある神経の管まで感染することがあります。その場合、神経を取る治療が必要になります。神経を取ると、歯は脆くなり、割れやすくなりますので、それを防ぐために歯の中に強い土台を入れて被せものを作製します。当科では、土台と被せもの(クラウン)を作製する治療を行います。土台の形を削って整え、歯型を採り、被せものを作製します。歯の形をデジタルで計測し、歯の色のブロックを自動で削り出してクラウンを製作するCAD/CAM(キャドキャム)システムも導入しております。土台、被せものそれぞれに保険適応および自費適応の材料が限られておりますので、患者さまのお口の中の状態から最良のものをご相談の上、治療を開始します。

プラスチックと金属のクラウン(保険)

CAD/CAMシステム

2. 歯の欠損

歯が無くなった部位を補うために、被せものを繋げて橋渡ししたブリッジや、部分入れ歯、総入れ歯を作製します。被せものは基本的に取り外しができませんが、入れ歯は取り外し可能です。歯の無くなった部位はどこか、何本無くなったか、残っている歯の状態はどうかなどを総合的に診査し、どの装置が適応できるかの診断を行います。
ブリッジも入れ歯も長期的に使用していると、材料の劣化や支えている歯の病変による不適合や破損が生じることがあります。その際は、修理をしたり新たに作り直しを行います。

プラスチックのブリッジ(保険)

総義歯

部分義歯

3. かみ合わせの不調和

長期の使用によってすり減ってしまった被せものや入れ歯がお口の中にあると、気になるだけでなく、かみ合わせの不調によって顎関節症を発症することがあります。長期間歯の欠損を放置したままにすると、どこで噛めばよいかわからなくなることがあります。当科では、さまざまな器械を使用して、かみ合わせの検査を行います。検査結果から問題があれば、マウスピースを作製して顎やかみ合わせの安定を図ったり、新たに被せものや入れ歯を作製して改善します。

かみ合わせの検査機器

最先端医療の取り組み

BPSデンチャー

ライセンスを持った歯科医師が診療を行い、快適性・審美性・機能性を追求したこれまでの入れ歯とはまったく異なる高品質な入れ歯を製作します。長期間材質が変化しにくく、しっかり咬むことができます。

ジルコニアデンチャー / ジルコニアブリッジ

極めて強度が強い性質を利用し、金属アレルギーに悩まれる患者様が安心してご使用できる材料です。従来の金属と比較しても生体親和性が強く、汚れがつきにくいというメリットがあります。

ジルコニアデンチャー

ジルコニアと陶材によるブリッジ

初診担当医情報

初診担当医表(PDF)

お問い合わせ

連絡先 06-6910-1083
場所 本館7階