大阪歯科大学附属病院

内科について

内科では、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病を中心とした慢性疾患の診療をはじめ骨粗鬆症や血液疾患を提携病院と連携をとって行っています。また歯科との協力体制のもと、睡眠時無呼吸症候群の診断と患者さん一人一人にあわせた治療法(咬合床;マウスピース や持続陽圧呼吸療法;CPAP)の提供を行っています。

主な対象疾患

  •  高血圧、動脈硬化
  •  脂質異常症
  •  糖尿病
  •  骨粗鬆症
  •  血液疾患
  •  各種ワクチン、予防接種
  •  睡眠時無呼吸症候群

科長紹介

志水 秀郎

シミズ ヒデオ

科長メッセージ

歯および口腔は健康維持にとても重要な全身臓器の一つです。歯科大学の特徴を生かして口から全身を診る、全身から口を診る総合医療を心がけています。医科歯科連携体制で診察をもとに検尿、採血、X線、超音波、CTやMRIなどの検査を駆使して、疾患の診断と治療を行います。また睡眠時無呼吸外来では患者さんに最適な治療法の選択を提供します。

専門・資格

・日本抗加齢医学会専門医
・日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
・日本臨床栄養学会認定医
・大阪府内科医会専門医 

診療の特色

内科外来

丁寧な診察をもとに診察と検尿、採血、X線、超音波、CTやMRIを駆使して、高血圧、脂質異常症、糖尿病など慢性疾患をはじめとする疾病の診断と管理を行っています。

臨床検査部

臨床検査部では専任の技師による採血、採尿をはじめ迅速な解析を行っています。

心電図を始めとして各臓器の超音波診断、血圧脈波装置による動脈硬化の診断。

病理部

検体からの的確な診断。

薬剤部

調剤をはじめ、処方確認、服薬指導などチーム医療を行っています。

最先端医療の取り組み

睡眠時無呼吸症候群:適確な診断のもと、歯科、耳鼻科と連携して口腔内装置(マウスピース)、経鼻的陽圧呼吸療法(CPAP)など個々の症状にあわせた最良の治療法を選択いただけます。先ずは電話でお問い合わせください。

初診担当医情報

初診担当医表(PDF)

お問い合わせ

連絡先 06-6910-1078
場所 本館5階