大阪歯科大学附属病院

口腔インプラント科について

口腔インプラント科では、より正確な診査・診断を行える設備を完備し、術前に医科用CT検査など各種検査を行っています。他の診療科とチームを組み、患者さん一人ひとりに対し万全の体制でインプラント治療を行っています。


  • 学会施設認定
    ・日本口腔インプラント学会指定研修施設(大学系)
    ・日本補綴歯科学会認定研修機関(甲)
    ・日本口腔リハビリテーション学会認定研修施設

主な対象疾患

  • 歯の喪失(歯の欠損)
  • 入れ歯が合わない(義歯不適合)
  • 噛めるようになりたい(咀嚼困難)
  • インプラントをしたいが顎の骨が足りない(顎堤萎縮症)

科長紹介

馬場 俊輔

ババ シュンスケ

科長メッセージ

当科では、問診と術前検査を通じてインプラント治療につき十分ご理解いただいたうえで、安心して受診していただけるよう配慮しています。担当医は、一人ひとりの口腔環境を鑑みて、義歯やブリッジ、差し歯などの補綴治療と比較し有利な面と不利な面を丁寧に説明いたします。他の診療科とも連携し、患者さんに快適な治療を受けていただくよう心がけております。

専門・資格

・日本口腔インプラント学会専門医
・日本補綴歯科学会専門医・指導医
・日本口腔リハビリテーション学会認定医
・日本再生医療学会再生医療認定医

診療の特色

1. 治療相談・診査・診断

インプラント治療を行うために、様々な検査において治療が適応かどうかを調べます。まず局所状態と全身状態を把握し、インプラント治療が見合うかを判断していきます。その上で、治療の流れ、治療におけるリスク、レントゲン検査、血液検査等の必要性を説明します。

患者説明

シミュレーション

プレゼンテーション

2. インプラント手術

顎の骨にインプラント体と呼ばれる人工の歯根を埋め込みます。手術に対して恐怖心がある方や高血圧など全身の状態に不安がある方は、麻酔科医と連携して鎮静下で行うことも可能です。そうすることで、半分寝ているようなリラックスした状態で手術を行うことができます。一般的に、手術後すぐにインプラント体を利用した人工の歯を使うことはできません。通常はインプラント体を顎の骨に結合させるため数か月待ちます。

手術風景1

手術風景2

<インプラントの上部構造について>
インプラントで重要なのは、インプラントを歯ぐきに埋め込む手術だけではありません。歯の部分にあたる上部構造も大切です。一般にはインプラントが骨と結合した後に仮歯を装着し様子をみてもらいます。仮歯で歯の形態や周囲の粘膜の状態を整えていきます。患者さんと歯科医師と技工士で仮歯の形や色も相談しながら本歯を作っていきます。

前歯部補綴

前歯部補綴インプラント

3. メインテナンス

インプラントを長く良好に保つためには、メインテナンスを定期的に行うことが必要不可欠です。定期的なメインテナンスでは、インプラントの状態、周りの歯ぐきの状態、噛み合わせなどをチェックします。ご自身での日々の歯磨きと、当科での専門的なクリーニングによって、インプラントを含めたお口全体の健康をケアしていきます。

最先端医療の取り組み

骨増生術(骨移植術)

インプラントを埋め込むために必要な骨を作ります。

サイナスリフト・ソケットリフト術

上あごの骨の中には大きな空洞(上顎洞)がありインプラントが埋め込めないことがあります。そのときにその空洞に必要な骨を作ります。

粘膜移植術・結合組織移植術

インプラントのまわりの歯ぐき(歯肉)が少ないときに、歯ぐきを作ります。

初診担当医情報

初診担当医表(PDF)

お問い合わせ

連絡先 06-6910-1089
場所 本館10階