CLOSE

大阪歯科大学

くすりの理論を学ぶ

くすりの起源は古く、日本最古の書『古事記』のなかに記されています。因幡の白兎が蒲の花粉(蒲黄)を傷の治療に用いた話です。外傷に外用薬として用いる生薬で、蒲黄というヒメガマの花粉を乾燥させたものがそれにあたります。くすりの歴史は、医療の進歩を支え、常にリスク・ベネフィットを考慮しながら進歩してきました。その安全性と有効性が証明された薬物が医薬品として患者に届けられています。医薬品としての可能性を秘めたシーズの発見から、臨床研究を経て、実際に患者に届けられるまで薬理学研究者の活躍が期待されています。近年、医療における薬物療法の役割はさらに重要度を増し、より専門性と個別化が求められています。医薬品の開発はめざましく、分子標的薬、核酸医薬などの創薬がプレシジョンメディシンの主役として、脚光を浴びています。薬理学は、疾病の細分化に対応して、診断、治療、先制医療、それらすべての分野に関与する学問です。薬理学では、くすりの理論を学び、くすりを用いた最先端医療に至るまで理解を深めていきます。疾病の治療を担う大きな柱の1つ、薬物療法に求められている社会のニーズは多様化しており、それに応えて最善の選択ができる医療人を輩出したいと考えています。

研究室のメンバーMEMBER

教授/野﨑 中成
  • 講師/納富 拓也、河井 まりこ

学生へのメッセージMESSAGE

本講座は学生ファーストです。国内外の研究機関、大学で経験を積んだ教員が親身になって指導します。薬理学は、基礎医学と臨床医学の境界領域の分野です。研究では、基礎研究から臨床応用に至るまで、すべての過程を対象としています。くすりを用いた治療は医療のコアをなし、これからも学問としての進化が求められています。医療の進歩に貢献できる夢のある学問です。

研究活動

生命現象に関する分子生物学的研究・疾病の診断、治療、予防に関する包括的研究・再生医学に関する基礎的研究を基幹テーマとし、研究において大阪歯科大ブランドを国際社会へ発信していきます。

  1. イオンチャネル・神経伝達物質を介した骨代謝に関する硬組織薬理研究

    この半世紀の間に、硬組織薬理研究は大きく進展しました。骨を作る骨芽細胞と骨を壊す破骨細胞の関連メカニズムの解明、硬組織代謝に不可欠な分子の同定、閉経・老化による骨粗鬆症のメカニズムも解明され、臨床応用されている薬物で骨粗鬆症の治療・改善はおおよそ可能となっています。しかしながら、効果的な薬物がない硬組織疾患が未だに多く存在します。私たちは標的分子の探索・硬組織代謝メカニズムの解明を目指して、以下の研究を行っています。

    <光操作による骨代謝機構制御>
    交感神経、力学的刺激および骨代謝の相互関係を調べて、細胞膜電位変化による細胞機能調節機構が骨組織に存在することを発見しました(Proc Natl Acad Sci USA, 108, 2011他)。その結果、光活性化型分子を骨芽細胞・破骨細胞に導入することで、光照射により骨代謝機構に関与する細胞機能を制御することに成功しました(J Bone Miner Res, 30, 2015他)。この光操作を利用して、リソソームにあるイオンチャネルTPC2が破骨細胞の分化を促進し、低マグネシウム下では、破骨細胞の分化を抑制することを明らかにしました (J Biol Chem, 292, 2017)。マグネシウム欠乏による骨粗鬆症の治療薬の開発につながる研究と考えています。

  2. 力学的負荷に関する細胞内情報伝達機構の解明

    骨にかかる負荷の多い重量上げ選手の骨密度は高くなり、無重力生活の長い宇宙飛行士の骨密度は低下します。身近な例を挙げると、テニス選手の利き腕の骨密度は、反対側の腕と比べて高いということも分かっています。つまり、筋肉と類似して、骨は力学的負荷を感知して、骨量を増加させて、骨構造を改変、改良します。この力学的負荷伝達機構は、長年研究されていますが、未だメカニズムに基づいた薬物の開発には至っていません。力学的負荷伝達機構を解明するため、私たちは細胞膜上分子に着目して以下の研究を行っています。

    <細胞膜上分子の光操作による力学的刺激伝達機構制御>
    レジスタンス運動を開発して、in vivoで運動負荷をかけると骨形成促進(骨芽細胞活性化)と骨吸収抑制(破骨細胞分化抑制)を引き起こすとともに、骨密度が高めることを明らかにしました(J Bone Miner Res, 16, 2003他)。さらに、光遺伝学を応用することで、力学的刺激感受性イオンチャネルを制御し、硬組織関連細胞における力学的刺激伝達機構の光による制御を目指しています(Bone, 54, 2013他)。

  3. 幹細胞が分泌する機能性RNAを介した細胞間情報伝達の研究

    細胞から遊離して血中を循環するエクソソーム機能性RNAは、多様な疾患の非侵襲的な診断バイオマーカーとして注目され、リキッドバイオプシーへの臨床応用が期待されています。例えば、幹細胞が産生する因子が、活性酸素により傷害を受けた細胞に働くことで、心筋や脳の虚血再灌流傷害からの回復を促進します。機能性RNAは、様々な細胞プロセスの維持に関わっていますが、機能性RNAの中でもエクソソームmicroRNAは、微小環境において細胞と周囲の細胞との細胞間コミュニケーションの役割を担うとされています。細胞が分泌する機能性RNAを次世代シークエンスで網羅的に解析し、機能性RNAを介してどのように細胞間コミュニケーションを図っているかを分子レベルで明らかにすることで、機能性RNAを用いた核酸医薬の創出を目指しています。